MT4/MT5で日本時間を表示
JPN_TIME_rcm

MT4/MT5で日本時間を表示するインディケーターです。

日本時間を表示するだけのツールは見たことあると思われるかもしれませんが、このツールには便利な機能が付いています。

JPN_TIME_rcmの特徴

1.設定が簡単

細かい設定は、ほとんど必要ありません。

チャートを表示して、JPN_TIME_rcmをダブルクリックするだけで、ほとんどのMT4/5で表示されます。


2.自動調整で常に見やすい

チャートを見ていれば、拡大したり、縮小したり、時間を変えたりと大きさが変わることがありますが、その度にサイズを調整しているのも面倒な作業です。

このツールでは、そのチャートの大きさに合わせて、表示間隔が調節されて、バランスの良いサイズで表示されます。


3.10Pips単位で縦のグリッドが表示されるので、相場の変動が分かりやすい

標準の縦グリッドは、画面サイズに対して、一定の間隔で引かれてしまい細かい値動きなのか、大きな値動きなのか分かり難いことがあります。このツールでは、10Pips単位ごとにグリッドが引かれますので、相場が大きく振れている場合には、グリッド幅が狭くなり、小さく振れているときにはグリッド幅が大きくなります。

初期設定では、10Pips(H4以上は、100Pips)となっていますが、パラメタで変更できます。


4.マーキンググリッドで目標の時間が分かりやすい

1日の区切り線を見やすくするためのオレンジ色の線を表示することができます。

時間の指定は自由にできますので、日付が切り替わる00:00、大引けの15:00、寄り付きの09:00など、目印となる時間をマーキング・グリッドで目立たせることができます。


5.マーキング・ラインで時間帯を見やすくする

マーキング・グリッドは、特定の時間に対する縦線でしたが、マーキング・ラインは、一定時間の横線となります。

寄り付きから、大引け(9:00-15:00)、昼と夜(08:00-20:00)、一定の時間(22:00-翌02:00)など、ご自身がトレードする時間帯やマーケットのオープン時間など、一定の間隔を目立たせることができます。


6.ナビゲーションバーによる素早いページチェンジ

マーキング・グリッドで付けた目印にボタン一つで移動することができます。

例えば、マーキング・グリッドを00:00に設定した場合、JPN_TIME_rcmの左端にある左右ボタンを押すと前日や翌日の00:00へ、ページを移動することができます。

前日00:00のチャートと翌日00:00のチャートを見比べるのも簡単ですし、数日間のチャートの変化をボタンをクリックするだけで、次々に変わります。

スクロールすれば、同じことができますが、ボタン一つで前日/翌日の同じ時間にチャートが合わせることができるのは思いのほか便利です。

右端の矢印ボタンはチャートの最右端へジャンプします。

注.ストラテジーテスターでのボタン操作は未対応です。


7.最新バーの日時が表示されます

地味な機能ですが、最新バーの日付と時間が表示されます。

通常はグリッドに合わせて表示されるため、最も右にある最新バーの時間は、ほとんど表示されることはありません。時計と見比べることが煩わしく、ここに表示されると一瞬で分かるので便利な機能かと思います。

※一番右の表示となりますので、右端シフトをオンしてご利用ください。

英語表記の月表示を見慣れていない日本人からするとパッと見た瞬間に月日が分かることでストレスが軽減します。(MM/DD hh:mm形式)


8.ストラテジーテスターでも使える

ストラテジーテスターでも、そのまま使えます。もちろん、夏時間も自動で計算します。

ほとんどのMT4/5で、特別な設定をすることなく、過去の日付であっても日本時間をサマータイムを含めて表示することができます。

当たり前のことのようですが、過去日付のサマータイムを自動検出しているツールは多くありません。


実際に動いている動画をご覧ください

JPN_TIME_rcmの紹介動画

MT4ストラテジーテスターで動かした場合

チャート下に日本時間が出るという当たり前の機能ですが、見やすいように自動調整するなど、細部にまでこだわって作ったツールです。

機能的な説明になりますが、設定画面はこちらです。


基本的は自動的に設定されることが望ましいため、パラメタは最小限にしています。変更不可能な項目もありますが、それだけ簡単に設定できると言えます。


接続先サーバーのGMT時差:2時間
→ 多く業者で変更不要ですが、必要に応じて変更してください。

サマータイム:true
→ 多く業者で変更不要ですが、必要に応じて変更してください。

時刻表示の形式:hh:mm
→ 選択項目は、MM/DD hh:mm、DD hh:mm、hh:mm、hhmm です。(MM=月、DD=日、hh=時、mm=分)日本人が日常的に使っている日時の表示形式です。

文字サイズ:8
→ 画面に表示される文字のサイズです。必要に応じて変更してください。

時間表示の最大個数:5000
→ 変更する必要は通常ありませんが、パソコンの性能により変更してください。ストラテジーテスターで長期間の分析をする場合には、増やしてください

時間エリアの塗りつぶし:true
→ 表示領域の背景を一定時間で塗り分けて見やすくします。

縦横グリッド:true
→ JPN_TIME_rcmのグリッドを表示します。標準のグリッドを消してご利用ください

マーキング・グリッドの時間:00:00
マーキング・グリッドの色:DarkGoldenrod
→ 指定時刻に目立つ縦線のグリッドを表示します。グリッドナビゲーションで移動する際の目印となります。

マーキング・ラインの開始時間:08:00
マーキング・ラインの終了時間:20:00
マーキング・ラインの色:IndianRed
→ 表示エリアの下に一定の開始時間から終了時間までのマーキング・ラインを引きます。取引開始時間から終了時間、昼と夜などを色分けすることができます。

※グリッドの色は、標準グリッドと同色、文字の色も他の標準文字色と同色となります。

商品詳細

▼ 商品内容
案内用ファイル:PDF1ページ
インディケーターファイル
サポートページ:導入方法、パラメタ設定、注意事項等(1ページ程度)
メールサポート:ご購入から3ヶ月間、回数無制限
※投資助言に該当するサポートは行えません

▼ 動作環境
Windows版 MT4 build 1170、MT5 build 2085 以上、Windows 7、8、8.1、10対象(※iOS、Android、Macでの動作は未確認となり対象外です)CPU 2.0GHz以上 / メモリ容量 4GB以上 / インターネット環境
※汎用的に動作するシステムとなっておりますが、全てのFX業者で動作を保証するものではありません。テストはMetaQuotes社のデモ口座で行っております。


MT4/MT5両対応版 1,500 円(税込)
お申込みはこちら


ダウンロード版(案内PDF1ページ)
ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページから、案内用ファイルをダウンロードして下さい。案内用PDFファイルに沿って、商品のダウンロード、サポートページへお進みください。

銀行振り込み、クレジットカード決済、BitCash決済、郵便振替、コンビニ振替、ちょコムeマネーよりご選択頂けます。

【投資に係るリスクおよび手数料について】
当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。信用取引やFXは価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行うことがありますので、場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。信用取引やFXには取引業者の売買手数料がかかります。また、本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。



最後までお読みいただきありがとうございます。

日本時間を表示するツールはいくつかありますが、どうもシックリくるものがなく、自分で作ってみました。

これが最適であるか使い方によりますので、何とも言えませんが、少なくとも使い勝手は良いと思います。

無料のものありますので、お金を出すほどではないと思われるかも知れませんが、些細なことがストレスになると勝てるものも勝てなくなります。

私は不満を感じていましたので自作しましたが、もし、現状のツールに不満をお持ちであれば、ご検討いただいても良いかと思います。

宮本

お申込みはこちら


ページの先頭へ | 特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー
Copyright (C) JPN_TIME_rcm All Rights Reserved.